UP

こんな治療もあった!?目だたない歯にする方法

目だたない歯の治療について

歯の治療は虫歯、歯が欠けた場合などで適切な治療を歯科医院が行ってくれます。ただし治療として適切であっても目立ちにくいかどうかは別なのです。目だたない歯の治療のなかには銀色の詰め物ではなく白色の詰め物を使用するといったり、矯正治療などでも器具が見えにくいなどの処置を施してくれる場合があります。虫歯治療の場合は自前に詰め物を指定できる場合がありますし、すでに治療し終えた部分でも新たに処置して目立ちにくい歯を用意できます。

メリットと費用について

目だたない歯の治療のメリットは治療した部分が綺麗な歯と見分けにくいことですね。部分的な虫歯だけでなく大きく損傷した歯でも綺麗な歯に見せることは可能な時代ですよ。費用に関しては高くなりやすいので、その辺りのことは医師と相談して判断しましょう。一度治療すればしばらくは問題なく歯としての機能が残るので、長い目で考える事が重要ですね。歯の状態次第では10万円以上の治療費となるので慎重に決めることをお勧めします。

矯正における目だたない治療

矯正治療の場合は、歯の内側に器具を取り付ける治療が目立ちにくい部類に入りますね。本来外側に付ける器具、ワイヤーなどを歯の内側に付けるわけです。またインビザラインと呼ばれる矯正ではマウスピースを使用します。マウスピースは透明に近いものを使うのでかなり目立ちにくいですし、治療を受けている者が任意で取り外すこともできます。インビザラインはどの歯科でも可能というわけではないので、事前の調べが必須となりますね。

歯科医院で歯をセラミックに変えてもらった場合にその歯のセラミックの料金は健康保険適用外ですが、本来の歯のようなとても綺麗な白い歯が入ることになります。予後も良いので歯のセラミックはとてもおすすめです。