UP

歯並びが悪かったら!?矯正を行いましょう

歯並びが悪い人が増えている

柔らかいものを食べることが多くなっていることから、あごが小さくなっている子どもが増えています。周りの子どもを見ても歯並びが悪いという人が多くなっているでしょう。あごは歯が生えてくるスペースに多くかかわってきていて、スペースが少ないと歯がずれて生えてきてしまいます。歯並びは見た目にも影響するので、コンプレックスになったり、話しにくくなって滑舌にも影響してきます。気になる人は矯正をすると良いでしょう。

矯正は早目にすると良い

矯正をするには専門の矯正歯科に行く必要があります。矯正をするときには子供のうちに行っていると、まだ骨が成長していないことから柔らかいので、動かすのも簡単になっています。治療期間が短くできることや、痛みを感じにくいのも子どものときに矯正を行うのがメリットです。見た目に関してもワイヤーを取り付けなければなりませんが、子どものときにはまだコンプレックスには感じにくいので、歯並びが気になったときには早めに治療をすると良いでしょう。

大人になっても矯正ができます

大人になっても矯正したくなることもありますよね。大人になってから親知らずや歯周病が原因で歯並びが悪化してしまうケースがあります。そうなった場合でも矯正することができます。矯正はワイヤーを取り付けますが、現在では技術が上がっており、歯の裏側にワイヤーを取り付ける裏側矯正もできたり、透明な樹脂のマウスピースを使っても矯正することが可能なので、目立つことなく矯正ができます。大人になると骨が硬くなって矯正時間が長くなってしまいますが、目立たない方法だと見た目にもコンプレックスになりません。

出っ歯の矯正を行うことで、以前と比べて見た目を大きく変えることができ、コンプレックス解消に大変有効となります。